ばいあぐらの購入方法は処方とネット注文、どっちが便利?

黄色の錠剤

ばいあぐらは世界で始めて承認されたED治療薬です。
ED治療の効果もすばらしく、あっという間に世界中にその名を轟かせることになりました。
現在は女性用ばいあぐらも開発されており、不感症治療などに用いられるなど、男女ともに使用機会のあるED治療薬となっています。
そんなばいあぐらを日本国内で購入したい場合、その方法は2種類あります。
ED治療をおこなっているクリニックで診察を受け、処方してもらう方法。
そしてもうひとつが、個人輸入代行サービスを使ってネット注文する方法です。

おそらく今までばいあぐらを使用していた方は、クリニックから処方してもらっていたのではないでしょうか。
ただ、「医療機関から医薬品を処方してもらう」というのは至ってふつうのことであり、特に疑ったことはないと思います。
専門家である医師の判断に従って治療がおこなわれていきますし、処方される医薬品も医師が適切だと判断したモノが処方されます。
病気・症状を治療するにあたり、これほど心強いことはないですよね。
しかし、ばいあぐらを処方してもらうにあたり、デメリットに感じていた部分もいくつかあるのではないでしょうか。

例えば、処方にかかる費用。
クリニックからばいあぐらを処方してもらう場合、50mgの錠剤ひとつだけでも1,500~2,000円程度かかってしまいます。
クリニックによって処方代は上下しますので一概には言えませんが、目安として覚えておきましょう。
そして、クリニックから医薬品を処方してもらうためにかかる費用はこれだけではありませんよね。
初診料や診察費、場合によっては検査費や治療費も別途必要になります。
これらをトータルすると、ED治療であれば1回の通院で10,000円を超えることもそう珍しいことではありません。

また、ED治療の場合、クリニックへ通院している姿を知人に見られてしまうと、一発でEDだということが知られてしまうのも大きなデメリットです。
男性にとってはできれば隠しておきたい症状なだけに、この点を気にしている人は意外と多いのです。