ばいあぐらの購入方法は処方とネット注文、どっちが便利?

手のひらのカプセルと錠剤

では、もうひとつの購入方法である個人輸入代行サービスでのネット注文について見てみましょう。

個人輸入代行サービスとは、簡単に言えば医薬品専門の通販サイトになります。
みなさんがふだん利用している通販サイトと同じ感覚で、世界中のあらゆる医薬品をネット注文することができます。
医療機関からの処方でしか今まで購入できなかった医薬品はもちろん、日本で認可されていない新薬・ジェネリックも販売しているため、みなさんが自由に目当ての医薬品を購入することができます。
ED治療薬はばいあぐらひとつではなく、他にもシアリス、レビトラ、そしてそれぞれのジェネリックもあります。
ジェネリックは日本で認可されていないことがほとんどなため、医療機関からでさえ処方してもらえませんが、ばいあぐらではなくシアリスもしくはレビトラを処方される可能性は大いにあり得ます。
みなさんがいくらばいあぐらを使ってED治療をしたいと思っていても、医師が他のED治療薬の方が適切だと判断したらそこまでなのです。

また、先ほどクリニックからの処方でデメリットとして挙げた費用面に関してですが、単刀直入に言えば、個人輸入代行サービスを使ってネット注文すればかなりの激安価格で医薬品を購入できます。
まずネット注文によって商品を取り寄せるため、医療機関へ通う必要はありません。
そのため、薬価以外の費用は一切かからず、購入する医薬品の料金だけで済むのです。
通販サイトによっては送料も無料になっているため、そちらを利用すればより出費を抑えることができるでしょう。
また、医薬品そのものの料金もクリニックから処方してもらう際の料金より安くなっています。
先ほど例に出した50mg錠1錠の値段で言えば、個人輸入代行サービスならまず間違いなく1,500円を下回るでしょう。
これ以外に費用はかからないため、クリニックから処方してもらった場合の費用と比較すれば、その差は火を見るより明らかです。

ネット販売ということで、時間を気にせず注文できるのも便利ですし、誰にも見られずばいあぐらを購入できるというのも、個人輸入代行サービスならではの大きなメリットになります。